HOME > 運営組織

運営組織

■ワイヤレス パワーマネジメント(WPM) コンソーシアム

wpmc_logo_l

 

 

 

 

 

1. 設立趣旨
wpmc_img「直流共鳴」方式を主とするワイヤレス給電の実用化と標準化を目的とするコンソーシアムを設立する。 「ワイヤレス」であることの価値が高い多様な利用シーンや用途に応じて、利用者にとってより価値の高い製品展開を進め、ソリューションの提案やエレクトロニクス社会における新しい価値創造を目指す。 会員とともに、具体的な取り組み活動を通して、情報共有や技術融合を行う。①マーケット(市場)を分析し、②テクノロジー(技術)を高め、③プロダクツ(製品)の展開を図る。 会員相互の信頼と協調による「共創の場」を構築し、ワイヤレス給電事業の発展と成長を目的として継続的な活動を展開する。

 

2. 主な活動計画
◆ ワイヤレス給電の実用化を推進するための仕組みづくりと標準化活動を推進する。
◆ ワイヤレス給電に関する最先端の技術動向、市場動向を共有する。
◆ プロジェクト志向の産学官連携体制を目指し、次世代の開発を仕掛ける。
◆ ワイヤレス給電の開発・応用に関する国家予算の補助金や助成金の展開を図る。
◆ ワーキンググループ(技術規格、認証規格、試験規格、安全規格、市場展開など)を発足する。
◆ 会員相互の「共創の場」を活用し、技術融合や相乗効果により、迅速なビジネスへの展開を図る。
◆ 京都大学 『ワイヤレス電力伝送実用化コンソーシアム』(http://www.wipot.jp/ マイクロ波送電)との連携を図る。
◆ これまでにない新しい製品、技術、仕組みなどについて具体的に議論し、ビジネス展開を図る。
◆ 会員とともに、開発活動を推進して成果の普及を促進し、迅速かつタイムリーなビジネス展開を図る。
◆ WPMc主催のワイヤレス給電シンポジウムを今秋東京にて開催し、グループの強化を図る。

 

3. 「会員募集!」について
設立当初の21社会員をコア企業として各WGを発足させコンソーシアムをスタートする。
今後、「会員募集」の諸手続きを経てWPMcにご入会を頂くと、同時に、ITACの会員となります。
特典として、ITACの定例会や技術交流(講演)会などに参画が可能です。
初年度入会金3万円、ITAC年会費10万円/1口 及びWPMc年会員15万円の合計25万円/年とします。
(初年度は入会金含め28万円/年)

 

4. 組織

代表 篠原真毅: 京都大学生存圏研究所教授
幹事 鶴田義範: 株式会社ダイヘン ワイヤレス給電システム部 部長
岩瀬哲雄: NPO法人新共創産業技術支援機構(ITAC)専務理事
加藤正明: 篠原電機株式会社 経営企画室 室長
技術アドバイザー 細谷達也: 株式会社村田製作所 技術・事業開発本部デバイスセンター 
プリンシパルリサーチャー
監事 吉田利照: NPO法人新共創産業技術支援機構監事吉田事務所代表
事務局長 岩瀬哲雄: NPO法人新共創産業技術支援機構(ITAC)専務理事
山元良高: NPO法人新共創産業技術支援機構(ITAC)
アドバイザー 松本紘: NPO法人ITAC理事長、国立研究開発法人理化学研究所理事長
白川功: NPO法人ITAC副理事長、日本データセンター理事長
福井正博: 立命館大学理工学部電子情報工学科教授
前中一介: 兵庫県立大学大学院工学研究科電気系工学専攻教授
オブザーバー 尾之上良一: 総務省近畿総合通信局電波監理部電波利用環境課課長
箕浦健次: 経済産業省近畿経済産業局地域経済部産業技術課課長

 

5. 平成29年度 WPMc組織体制メンバー表
組織図